国立大学法人福島大学

WWW検索 サイト内検索
Englishキャンパスマップ資料請求交通アクセス学内施設サイトマップお問合せリンク教職員採用情報

トップページへ受験生の皆さまへ在学生の皆さまへ卒業生の皆さまへ地域・企業の皆さまへ

大学紹介学類・大学院学生生活入試情報研究情報就職情報附属校園国際交流

福島大学トップ > 大学紹介 > 福島大学におけるディプロマ・ポリシー等の策定について > 共生システム理工学類のアドミッション・ポリシー

◆福島大学におけるディプロマ・ポリシー等の策定について

共生システム理工学類のアドミッション・ポリシー

  1. 共生システム理工学類の教育目標と求める学生像

    :共生システム理工学類では、学生が卒業までに、人−産業−環境が共生するためのシステム科学を学び、個性に応じた実践的研究の体験を積むことで、以下の3つの力を身に付けることを教育目標としています。

    • 人−産業−環境のシステム科学に関する幅広い専門知識
    • 広い視点から課題を発見できる文理融合型の思考力
    • 21世紀の諸問題に挑戦し問題解決するための実践力
  2. :共生システム理工学類には、人間支援システム専攻、産業システム工学専攻、環境システムマネジメント専攻の三つの専攻があり、それぞれ以下のような特徴をもつ研究・教育を行っています。そのいずれかに興味があり、自分に適合していると考える学生を求めます。

    • 人間支援システム専攻では、心理学・生理学・生体工学などのヒト理解に関わる生体システム科学や、情報・機械・電気・電子工学などを基礎とする人間支援の技術開発についての研究などを通した教育、およびそれらに必要な基礎教育を行っています。これにより、卒業後、人間支援技術分野で活躍できる人を育てています。
    • 産業システム工学専攻では、化学工学・材料工学などを基礎とする環境負荷の少ないものづくり技術、情報工学、経営工学、さらにそれらを基礎とする省資源・循環型社会システムの構築についての研究などを通した教育、およびそれらに必要な基礎教育を行っています。これにより、ものづくりが好きで企業経営にも強い関心があり、卒業後、エンジニア・弁理士など産業支援の様々な分野で活躍できる人を育てています。
    • 環境システムマネジメント専攻では、環境分析化学、浄化工学、生態学や地域計画、流域管理計画などを基礎とする環境システムに関する研究などを通した教育、およびそれらに必要な基礎教育を行っています。これにより、水を中心とした環境理解と自然資源の確保・保全に強い関心があり、卒業後、環境管理者、環境計量士、公害防止者として活躍できる人を育てています。
  3. 入試の際に求める知識・技能・関心

    :本学類は、人間について知りたい、ものづくりや経営に興味がある、自然や環境を調べたい、の少なくともどれか一つに当てはまり、人間社会が抱える問題にも関心がある皆さんの入学を歓迎します。本学類での学習は、高校までの数学・理科を基礎に発展させますが、変化を続ける人間社会とその課題を理解する力も必要です。そのため以下に挙げる基礎的な知識・能力・意欲を有している学生を求めます。

    (1) 高校時代までに学ぶ基礎的な知識(国語、地歴公民、理科、数学、外国語についての、修学に必要な知識)
    (2) 理系科目に対する柔軟な思考力、理解力、応用力、および表現力
    (3) 人−産業−環境の共生システムの理解・開発・管理等に継続的に取り組む意欲

(注)入学試験ごとのアドミッション・ポリシー(入学者受入方針)は各募集要項に記載します。

国立大学法人福島大学 -Fukushima University-
〒960-1296福島県福島市金谷川1番地
Copyright (C) Fukushima University. All Rights Reserved.