国立大学法人福島大学

WWW検索 サイト内検索
Englishキャンパスマップ資料請求交通アクセス学内施設サイトマップお問合せリンク教職員採用情報

トップページへ受験生の皆さまへ在学生の皆さまへ卒業生の皆さまへ地域・企業の皆さまへ

大学紹介学類・大学院学生生活入試情報研究情報イベント情報就職情報附属校園

福島大学トップ > 学類・大学院(大学院 - 地域政策科学研究科)
  学類(人間発達文化学類/行政政策学類/経済経営学類/共生システム理工学類/夜間主(現代教養)コース
  大学院人間発達文化研究科/地域政策科学研究科/経済学研究科/共生システム理工学研究科

◆地域政策科学研究科

目的

地域政策科学研究科は、本学行政政策学類の教育・研究の学際性、すなわち行政学科と応用社会学科との有機的統合による利点を活かし発展させて、地域の多様な政策的課題に対応した研究と教育をとおして、時代の進展と地域社会の要請により一層高度なレベルで積極的に対応しうる人材の養成を目的としています。

なお、昼夜開講制を採り、一定数の社会人も受け入れる道を積極的に開き、社会人の専門的能力の一層の向上を図ることを通じて、地域社会の発展に寄与することを目指しています。

大学院設置基準(文部省令)第14条では、「大学院の課程においては、教育上特別の必要があると認められる場合には、夜間その他特定の時間又は時期において授業又は研究指導を行う等の適当な方法により教育を行うことができる。」旨規定されており、社会人等の就学に配慮がなされています。大学院での履修を希望する社会人の期待に応えるべく、昼夜開講制を採り、原則として、夜間の2時限(18時00分〜19時30分及び19時40分〜21時10分)に設定された授業の履修によっても課程修了に必要な全単位(30単位)を履修できるよう配慮しています。

研究科長あいさつ

地域政策科学研究科長 久我和己教授

地域政策科学研究科(修士課程)は平成5年に発足し、以降、百数十人以上におよぶ修了生を輩出してきました。
学際的な研究を目指す本研究科では、法学、政治学、行政学、社会学、歴史学、教育学、ジェンダー学を始めとする多彩な研究分野を用意するとともに、それらが相互に、有機的に連携することによって、より深化した、実践的な研究活動を展開することを可能にしています。また、地域社会の実際を研究・調査する科目も揃え、実践的な知の養成を追求しています。
また、昼夜開講制、長期履修制度、各種奨学金制度などを整備し、一般の大学院生のみならず、社会人の院生にとっても、それぞれの職種、働き方、ライフスタイルなどに応じた学び方も可能になっています。
学ぶことはそれまでの自分の来し方と向かい合うことです。それを始めるのに遅すぎることはありません。ここには、ともに学び合う仲間たちがいます。

アドミッションポリシー

地域政策科学研究科では、広く学際的な観点から地域の多様な政策的課題に対応した研究に取り組み、時代の進展と地域社会の要請に応える高度で専門的な研究能力を身につけようとする学生を求めています。

概要

地域政策科学研究科では、学際的特徴を活かし、地域社会の社会的要請に対応しうる高度でユニークな大学院教育の達成を期するため「地域政策科学専攻」を設置しています。具体的には、次の五つの履修分野によって構成されています。

  1. 地方行政
  2. 行政学・政治学の基礎理論及び地方自治体の行政を具体的な制度や実態に即しながら法的・政治的側面から研究する科目群

  3. 社会経済法
  4. 地域社会における社会的・経済的諸問題を法的側面から具体的に研究する科目群

  5. 行政基礎法
  6. 地域の行政の基礎となっている法制度を理論的かつ具体的に研究する科目群

  7. 社会計画
  8. 社会の基本構造及びそれに基づく地域社会の構造・問題把握を踏まえ、地域社会の再建、活性化に不可欠な社会計画について、特にそれを政策化する視点から研究する科目群

  9. 地域文化
  10. 地域の生活を基礎とする地域社会の諸側面を、地域文化として総括する方法について研究するとともに、社会情報について理論的かつ実証的に研究する科目群

特徴

昼夜開講制を採り、一定数の社会人も受け入れる道を積極的に開き、社会人の専門的能力の一層の向上を図ることを通じて、地域社会の発展に寄与することを目指しています。そのため、夜間の2時限に設定された授業の履修によっても課程修了に必要な全単位(30単位)を履修できるよう配慮しています。

働きながら目指したい

  • 長期履修学生制度
  • 職業等に従事することにより時間的制約のある学生のために、通常の標準修業年数である2年を超えて長期履修をする制度です。

    例えば、標準就業年数より1年多い、3年間による長期履修学生制度があらかじめ認められれば、3年間を一般学生が2年間で支払う授業料で修学することができます。なお在学年限は一般学生と同様に4年間です。そのため、最長で4年の長期履修が許可されます。ただし特別な事情があるときに限り、特例(突発的な事故等)として、さらに1年間の在学が認められます。

  • 社会人特別推薦選抜(募集人数3人)
  • 社会人として定職に就いており、所属長より推薦された人に対する社会人特別推薦選抜制度が設けられています。

国立大学法人福島大学 -Fukushima University-
〒960-1296福島県福島市金谷川1番地
Copyright (C) Fukushima University. All Rights Reserved.