メニューを飛ばして本文へ

福島大学

Menu

福島大学が推進するプロジェクト

ふくしま未来学

「ふくしま未来学」は、原子力災害からの経験を踏まえ、 地域課題を実践的に学び、未来を創造できる人材の輩出と原子力災害からの地域再生をめざします。

詳しくはこちら

ふくしまの未来を担う地域循環型人材育成の展開

COC+事業は、県内の高等教育機関と県をはじめとする福島県内の自治体・企業等18機関が協働し、学生の地元就職率の10%アップなどを目標に掲げ、1ふくしまに求められる人材の育成、2若者の地元定着、3雇用の創出の取り組みを行うものです。

詳しくはこちら

ふくしまの未来食
農教育プログラム

福島大学は、地域の復興へとつながる食と農の人材育成を目指して、大学院経済学研究科・地域経営経済コースのなかに「地域産業復興プログラム(ふくしま未来食・農教育プログラム)」を開設いたしました。

詳しくはこちら

子どものメンタルヘルスケア
支援事業推進室

福島大学では子どものメンタルヘルス支援事業を行うことを決め、平成26年4月に当室が開設されました。現在、県内全域において支援事業を展開しています。本学を中心にチームを作り、「学校支援」、「家族支援」、「医療支援」、「支援者養成」の四つの事業を支援の柱として活動しています。

詳しくはこちら

過去のプロジェクト

スポーツキャリア大学院

「先端バイオメカトロニクス技術を用いたトップアスリート養成システム開発研究事業」の成果を活用し,「陸上競技短距離指導者のためのトップコーチプログラム(仮称)」の開発を目指しています。

詳しくはこちら

福島大学

ページトップ