メニューを飛ばして本文へ

福島大学

Menu

福島大学経済経営学類創立100周年教育支援基金

ご挨拶

福島大学経済経営学類長・経済学研究科長 末吉 健治

本学類は、2022年に、創立100周年という大きな区切りを迎えることとなりました。
2万4千余名の卒業生の方々は政界、実業界をはじめ、全国で活躍されております。
このたび、信陵同窓会のご協力を得て「福大経済100周年基金」を創設することとなり、初年度より同窓生をはじめ多くの皆様から多大なる支援をいただいております。この場をお借りして厚く御礼申込し上げます。
2019年4月の食農学類創設を伴う全学再編のなかで、本学類もカリキュラム改革を行い、経済学コース、経営学コースという伝統的な2コースのもとで理論と実践を融合させたカリキュラムを再構築するとともに、コース横断的なグローバル・エキスパート・プログラムを設定し、外国語教育と専門教育をグローバルな観点から効果的に結びつける教育体系をスタートさせました。これにより、高度な知識と世界的視野をもって多方面で活躍いただけるグローカル人材を育成できるものと考えています。
今般のカリキュラム改革では実践力、課題解決力を高めるため、学外での活動も一層充実させることとなりましたが、学生の負担を考慮すると費用の補助が望まれます。本基金を学生の教育に活用させていただき、卒業後に社会で活躍できる人材を育成したいと考えております。
同窓生や保護者の皆様、地域社会の皆様には、趣旨をご理解いただき、一層のご支援とご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

福島大学経済経営学類信陵同窓会 会長 佐藤 慶吾

未曽有の国難というべき「コロナ禍」が1年以上続いているなかで、皆様方には何かと大変な思いで生活されていることと拝察致します。一日も早いコロナの終息とあたりまえの生活が戻ることを願っております。
母校経済経営学類は来たる2022年に創立100周年を迎えます。100年の歴史と伝統の重みをしっかり引き継ぎながら、これからの輝かしい100年に向かって新たなスタートにしたいと思っております。
創立100周年を迎えるにあたり、2017年の創立95周年記念事業として「福島大学経済経営学類創立100周年記念教育支援基金」(福大経済100周年基金)を創設しました。この基金設立の目的は、高度な知識と世界的視野を持って、さまざまな分野で活躍するグローカル人材育成のために、後輩学生たちを支援することにあります。設立以来3年半程になりましたが、その間、同窓会員の皆様方や母校の先生の皆様、そして関係団体の方々等から、多額のご支援・ご協力をいただいております。心より厚く御礼申し上げます。創立100周年記念事業のシンボル的事業として相応しいものとするために、基金の一層の充実に向けて、現在、鋭意推進をしております。創立100周年記念大会の開催まで、あと1年余となりましたが、我らが後輩学生諸君の夢の実現のために、皆様方には引き続き、なお一層のご支援・ご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。
おわりに、皆様方におかれましては、今後ともくれぐれもご自愛なされて、創立100周年記念大会に是非ご参加いただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

福大経済100周年基金パンフレット

福大経済100周年基金の詳細

福大経済100周年基金 寄附申込書

福大経済100周年基金ご芳名帳



お問合わせ先

福島大学経済経営学類支援室
〒960-1296 福島市金谷川1番地
TEL:024-548-8353 FAX:024-548-3182
E-mail:keizai*adb.fukushima-u.ac.jp (*を@に置き換えてください。)

ページトップ