メニューを飛ばして本文へ

福島大学

Menu

しのぶ育英奨学生が学長を訪問

 福島大学では、「しのぶ育英奨学生基金」にて給付型奨学金支給事業を実施しており、このたび、令和元年度に奨学金を受給した学生のうち3名、令和2年度に奨学金を受給した学生のうち4名が、学長オフィスアワーに三浦浩喜学長を訪問しました。

 令和元年度に奨学金を受給した学生からは1年間の活動報告、令和2年度に奨学金を受給した学生からは今後の目標などが報告されました。

 令和元年度に奨学金を受給した、IT関連企業への就職を目指す共生システム理工学類の学生からは、「奨学金をいただけたことで、生活費を稼ぐために行っていたアルバイトの時間を減らすことができ、卒業研究や資格の勉強に専念することができた」と報告があり、令和2年度に奨学金を受給する行政政策学類の公務員志望の学生は、「公務員講座の受講費などに活用し、地元の良さを広められる公務員になりたい」との目標を語りました。

 三浦学長からは、「福島大学を応援していただいている寄附者の期待に応えることができるよう、奨学金を有意義に活用して学修に励んでほしい」と激励しました。

三浦学長と令和元年度奨学生 三浦学長と令和2年度奨学生
三浦学長と奨学生の懇談の様子

ページトップ