教職実践研究科教職高度化専攻

TOP > 教職実践研究科 > 教職高度化専攻

本専攻は、教職経験や自らの教員像と役割に合わせた次の3つのコース、「ミドル・リーダー養成コース」と「授業デザインコース」、「特別支援教育コース」を設置しています。
理想とする教員像と自らの役割を常に問い続け、教育課程を含む学校のマネジメント経験を積みながら教師力を向上させていく教員、すなわち福島県の教育を牽引する「ミドル・リーダー(次のミドル・リーダー、 次世代のミドル・リーダーを含む)」を養成します。教育に関する理論と学校現場における教育実践とを往還させる仕組みとして、「学校における実習」においてカンファレンスを、「プロジェクト研究」においてラウンドテーブル(実践報告会)を実施し、自らの実践を省察し次の実践へステップアップする力を育成し、学校改革・授業改善に結びつく実践的研究能力を育成します。

コース

ミドル・リーダー養成コース 「ミドル・リーダー養成コース」は現職教員のみを対象とし、授業力や生徒指導力などの自らの教育実践力をもとにマネジメント経験を積み、学期や年間を通しての学年、学校レベルの課題に対応する力を身につけて、チーム学校を牽引し、学年・学校経営課題への対応力を磨きます。
授業デザインコース 「授業デザインコース」は若手現職教員で様々な実践課題が見え始めた方や、多様な現職教員と交流することを通じて教育実践の課題を総体として理解し、学校教員となりたい学部新卒学生を対象とし、将来的なミドル・リーダーを目指し、基盤となる教育実践力を磨きます。
特別支援教育コース 「特別支援教育コース」は障害の多様化や個別化に対応できる専門性の高い特別支援学校教員を目指す現職教員、学部新卒学生を対象とし、高度な教育実践力や学校マネジメント力を磨きます。

養成する人材像

①教育場面において、省察する実践力・高度な授業力・アクティブな理論的探究力を備えたこれからの新しい学校づくりの有力な一員となりうる教師。
②震災・原発事故以降、大きく変容した地域を有する福島の学校において、子供達を「自立した人間」「グローカル・リーダー」へと育てることができる高度な専門的知識を体系的に学び、リーダーとして活躍できる教師。

教育課程

①「共通5領域」(20単位)では教育の理論について学び、大学院生の実践課題追究の基礎を形成します。さらに「選択科目領域」(10単位)には、学校改革領域、授業改善領域、特別支援に関する理論と実践領域の科目をおき、理論を深化・発展させ実践に活かす礎とします。
②「学校における実習領域」(10単位)では、インターンシップや先進的な教育実践の視察、研究授業や教員研修の企画運営などの学校支援を通して、実践力を養います。
③「プロジェクト研究領域」(4単位)では、ラウンドテーブル(教育実践報告会)を設定し、自他の実践内容を相互に批評できる「省察的実践家」としての資質を高め、理論と実践との統合を図ります。

取得可能な資格等

本専攻において取得可能な資格等は、以下のとおりです。

①幼稚園教諭専修免許状、小学校教諭専修免許状、中学校教諭専修免許状

国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、技術、家庭、英語

②高等学校教諭専修免許状

国語、地理歴史、公民、数学、理科、音楽、美術、保健体育、家庭、英語、農業、工業、商業、水産、福祉

③特別支援学校教諭専修免許状

※特別支援教育コースのみ

④養護教諭専修免許状、栄養教諭専修免許状

想定する活躍の場・就職実績

小学校、中学校、高等学校、特別支援学校

関連リンク

お問い合わせ

◎専攻について

専攻

問合せ先

教職高度化専攻

人間発達文化学類支援室TEL.024-548-8103

入試について

入試課024-548-8064