メニューを飛ばして本文へ

福島大学

Menu

校友会会長(福島大学長)あいさつ

福島大学は、1949年に福島師範学校、福島青年師範学校、福島経済専門学校の3校を統合して創設され、2019年には70周年を迎えました。学芸学部(1966年に教育学部へ)と経済学部から始まった本学は、1979年に金谷川に移転し、1987年に行政社会学部を増設、2004年の国立大学法人化を経て、共生システム理工学類を加えた4学類体制へと移行しました。そして、2011年の東日本大震災及び東京電力福島第一原子力発電所事故によって甚大な被害を被った福島の再生・復興をめざし、うつくしまふくしま未来支援センター及び環境放射能研究所を設置し、2019年には福島県の悲願であった農業再生の要となる食農学類の設置に至りました。本学は創立以来、約55,000名余りの優秀な人材を社会に輩出し、延べ2,500人の教職員が教育・研究・社会貢献及びその支援業務に携わり、大学の発展に貢献してきました。この間、連綿と受け継がれてきた歴史と伝統の上に立ち、震災10年を契機に「地域と共に21世紀的課題に立ち向かう大学」として、さらなる飛躍をめざしているところでございます。
さて、今日の社会は急速な情報化や少子高齢化を始めとした、社会構造の変化の渦中にあり、国立大学も厳しい財政状況の中にあり、運営の隅々まで「選択と集中」が迫られている状況です。このような中にあって、10年後も、20年後も、100年後も、この福島において、信頼と存在感のある大学としての役割を果たしていくためには、現役学生や教職員はもとより、卒業生や修了生、保護者、その他福島大学に縁のある方々が一致団結して強固なネットワークを築いていくことが重要です。この度、その礎となるべく、相互の交流と親睦、そしてこれらを通じた本学の発展に寄与することを目的とした『福島大学校友会(愛称:福島大学ファミリー会)』を設立いたしました。福島大学校友会は、本学各学類の同窓会組織、後援会組織に加え、教職員、教職員OB、現役学生、その他福島大学に関わりを持つ有志の方々で構成し、各組織体の枠を超えて、卒業(退職)後も「福島大学の一員であり続ける(福島大学ファミリー)」という意識の醸成・強化を図って参ります。福島大学校友会を通じ、世代を超えた様々な交流が盛んとなるよう努めてまいります。皆様のご支援ご協力をよろしくお願い申し上げます。

校友会会長
三浦浩喜
(福島大学長)

お問い合わせ

福島大学校友会事務局
〒960-1296 福島市金谷川1番地
TEL:024-503-4991 FAX:024-548-3180
E-mail:f-family*adb.fukushima-u.ac.jp (*を@に置き換えてください。)

ページトップ