メニューを飛ばして本文へ

福島大学

Menu

校友会会長(福島大学長)あいさつ

福島大学は、1949年に福島師範学校、福島青年師範学校、福島経済専門学校の3校を統合し、学芸学部と経済学部の2学部で創設され、2019年に70周年を迎えます。 創立以降、約55,000名余のグローカルに活躍できる人材を社会へ輩出してきました。 また、これら人材の育成には、延べ約2,500名余の教職員が、教育、研究、社会貢献及びその支援業務に携わり大学の発展に貢献してきました。この間、連綿と受け継がれてきた歴史と伝統のうえに、1987年に行政社会学部の設置、2004年の国立大学法人化を経て、3学部から自然科学系学域(共生システム理工学類)を含む4学類へ、2011年の東日本大震災及び東京電力福島第一原子力発電所事故によって甚大な被害を被った福島の再生・復興に取組むため、うつくしまふくしま未来支援センター及び環境放射能研究所の設置、そして、本年4月、地元の熱い要望を受け「食農学類」が設置されました。このように、福島における中核的学術拠点であり、地域に学び、 地域とともに歩む人材育成大学として、着実に発展してきております。
しかしながら、いま社会は、急速な情報化や少子高齢化、社会構造の変化の中にあり、大学にとっても、財政基盤の不安定化により、教育、研究そのものにまで「選択と集中」などの要請が厳しく求められています。 このような中、10年後、20年後、さらには、100年後にも、この福島において、信頼と存在感のある大学であり続けるためには、現役学生、教職員はもとより、卒業生(修了生)、保護者、福島大学にゆかりのある方々も、この創立70周年を機に一致団結して強固なネットワークを構築することが重要であると考えます。このたび、そのネットワークの礎となるべく、相互の交流と親睦、そしてこれらを通じた福島大学の発展に寄与することを目的とした『福島大学校友会(愛称:福島大学ファミリー会)』を設立することとしました。福島大学ファミリー会は、福島大学各学類の同窓会組織、後援会組織に加え、教職員、教職員OB、 現役学生、その他福島大学に関わりを持つ有志の方々で構成し、各組織体の枠を超えて、卒業(退職)後も「福島大学の一 員であり続ける(福島大学ファミリー)」 という意識の醸成・強化を図って参ります。そして、福島大学ファミリー会を通じ、世代を超えた様々な交流が盛んとなるよう努めてまいります。皆様のご支援ご協力をよろしくお願い申し上げます。

福島大学校友会設立発起人会(福島大学長、4学類同窓会長、5学類後援会長)

校友会会長
中井勝己
(福島大学長)

お問い合わせ

福島大学校友会事務局
〒960-1296 福島市金谷川1番地
TEL:024-503-4991 FAX:024-548-3180
E-mail:f-family*adb.fukushima-u.ac.jp (*を@に置き換えてください。)

福島大学校友会
(愛称:福島大学ファミリー会)

校友会会長(福島大学長)あいさつ

組織図

校友会の役割

校友会会員

主な事業

会費

ページトップ