国立大学法人 福島大学 Fukushima University
交通アクセス 学内施設 サイトマップ 問い合わせ一覧 このサイトについて 教職員採用情報 教職員専用
トップページ  受験生の皆さまへ  卒業生の皆さまへ  企業の皆さまへ  地域の皆さまへ  在学生の皆さまへ


   福島大学TOP >> 共生システム理工学類トップ >> 共生システム理工学類 ポリシー
 
共生システム理工学類
人間支援システム専攻
産業システム工学専攻
環境システムマネジメント専攻
人間発達文化学類
行政政策学類
経済経営学類
共生システム理工学類
人文社会学群 夜間主コース(現代教養コース)
 
「共生システム理工学類とは」イメージ写真
共生システム理工学類 | ポリシー | 特色 | 資格・進路 | 教員一覧 | カリキュラム
21世紀、新たな『共生の科学・技術』が不可欠です。
21世紀の課題でもある地球環境問題の解決や少子高齢化社会を支援する科学技術のあり方を考えるとき、第1に直接人を支援する科学・技術の発展が必要で、そのためには人理解と情報工学・メカトロニクスを融合・総合したヒューマンインターフェイスの研究・開発が必要です。そしてこれらを総合的に思考できる能力が求められています。第2に大量生産・大量消費ではなく、持続循環型の最適生産システムの研究・開発が必要です。同時に、それらに携わる技術者・研究者には経営的センスと製造プロセスを理解できる能力が求められています。第3に気候変動が大きくなる中、水資源の不安定化や水害の激化が懸念されており、前世紀の急激な開発によって損なわれた自然・生態系の回復は今世紀の重要な課題となっています。こうした自然資源の量的、質的確保には、既存の理学や工学に加えて、社会科学的な素養が求められています。
アドミッションポリシー
21世紀の科学技術の発展に、人−産業−環境の共生の観点から取り組むことに関心を持ち、科学技術の発展に貢献しようとする学生を受け入れる。
学類長あいさつ
共生システム理工学類長 石原正教授
  共生システム理工学類長
見 亮弘 教授
FUTAMI Ryoko
   PROFILE●ふたみ りょうこう
研究内容/生体情報工学・神経計算学
   地球環境の保全や高齢者の機能支援、再生可能エネルギー問題など、現在の社会や科学技術が直面している課題を解決するには、従来の単一学科で学べる知識や技術だけでは対応できず、理学・工学・社会科学を融合した新しい学問領域が求められています。
本学類の最大の特色は、理工学系と人文社会科学系の科目を同時に学びながら、自分がどのような分野で活躍したいのかを見つけ、必要な知識や経験を修得できることです。低学年ではまず、複数の分野が融合した学問のおもしろさを学んで専門分野を絞り込み、高学年ではその修学を深めるとともに、実習などを通じてモノづくりや真理探求の実践力、学び続ける意欲などを確実に身に付けることを目指しています。
こうした学びのシステムは、遠回りになると思うかもしれませんが、自分の適性や社会の現状を知るうえでとても有効です。逆に、何が必要なのかを理解してから学ぶため、結果として近道となり、より的確な知識を修得することにもつながります。例えば私の専門である生体情報工学に関して言えば、人間工学や認知科学などの専門性とともに、メカトロニクスや情報科学、経営学などの基礎も身に付けられるので、人を支援する多様なシステムの研究・開発に加えて、実用化や販売の戦略についても思考できるようになります。
本学類では、文理融合の観点から「人−産業−環境の共生」をテーマに、3専攻体制で教育・研究を展開しています。人間支援システム専攻では、情報工学や心理学、機械・電子工学を活用して、人間支援に関する社会の要請に応えることを目指します。産業システム工学専攻では、大量生産・大量消費ではない、省資源・循環型の持続可能な産業システムの研究をしています。さらに環境システムマネジメント専攻では、人間の生活や社会活動が環境に与える影響を調査・分析し、自然界のシステムにおけるさまざまな環境問題を解決することを目的としています。
本学類の学問領域はとてもおもしろくてやりがいがあり、「科学技術を幅広く学び、新しいことに挑戦してみたい」という学生には最適と言えるでしょう。
共生システム理工学類のホームページへ
 このページのTOPへ
Copyright (C) Fukushima University. All Rights Reserved.