国立大学法人福島大学

WWW検索 サイト内検索
Englishキャンパスマップ資料請求交通アクセス学内施設サイトマップお問合せリンク教職員採用情報

トップページへ受験生の皆さまへ在学生の皆さまへ卒業生の皆さまへ地域・企業の皆さまへ

大学紹介学類・大学院学生生活入試情報研究情報就職情報附属校園国際交流

福島大学TOPページ > 福島大学が推進するプロジェクト

◆福島大学が推進するプロジェクト

●福島大学が現在推し進めるプロジェクト    


 

 


 

 「ふくしま未来学」は、原子力災害からの経験を踏まえ、 地域課題を実践的に学び、未来を創造できる人材の輩出と原子力災害からの地域再生をめざします。
 
 COC+事業は、県内の高等教育機関と県をはじめとする福島県内の自治体・企業等18機関が協働し、学生の地元就職率の10%アップなどを目標に掲げ、@ふくしまに求められる人材の育成、A若者の地元定着、B雇用の創出の取り組みを行うものです。
     

 


 

 福島大学は、地域の復興へとつながる食と農の人材育成を目指して、大学院経済学研究科・地域経営経済コースのなかに「地域産業復興プログラム(ふくしま未来食・農教育プログラム)」を開設いたしました。    福島大学では子どものメンタルヘルス支援事業を行うことを決め、平成26年4月に当室が開設されました。現在、県内全域において支援事業を展開しています。本学を中心にチームを作り、「学校支援」、「家族支援」、「医療支援」、「支援者養成」の四つの事業を支援の柱として活動しています。
     
●過去のプロジェクト    

 

 「GP」とは、優れた取り組みをあらわす「Good Practice」の頭文字をとった通称です。GPプログラムは、文部科学省が始めた事業で、採択された大学は、歴史と伝統にとらわれることなく、国際社会・産業界・教育界の動きに敏感に反応し、常に最先端の研究・教育を行っています。    「先端バイオメカトロニクス技術を用いたトップアスリート養成システム開発研究事業」の成果を活用し,「陸上競技短距離指導者のためのトップコーチプログラム(仮称)」の開発を目指しています。

国立大学法人福島大学 -Fukushima University-
〒960-1296福島県福島市金谷川1番地
Copyright (C) Fukushima University. All Rights Reserved.