福島大学TOP >> 福島大学うつくしまふくしま未来支援センター 京都シンポジウム『ほんとの空が戻る日まで―東日本大震災及び原発事故からの福島の闘い―』を開催します(3/8)

福島大学トピックス

福島大学うつくしまふくしま未来支援センター 京都シンポジウム『ほんとの空が戻る日まで―東日本大震災及び原発事故からの福島の闘い―』を開催します(3/8)

あの日から4年が経過しようとしています。長い月日が経過した今でも福島県では約12万4千人の避難者(うち県外避難者約4万7千人)が原発事故の収束と地元帰還の見通しがたたない中、放射線被ばく、雇用喪失、生活再建、食の安全、子育てへの不安が重くのしかかり、借り上げ住宅、仮設住宅といった厳しい環境の下で生活しています。そして、県民193万7千人がいわれなき風評と闘いながら日々生活しています。
  震災・原発事故で傷ついた東北は震災直後、関西から心強いメッセージ、そして支援をいただきました。それに感謝し我々の経験そして想いを関西へ返す事により、減災意識を高める事ができればと考えます。そして歴史の繋がりの強い京都で開催し、皆様に今一度福島の事を考え、福島に寄り添っていただく事を目的に開催するものです。

昨年度行われた大阪シンポジウム"福島の「今」、そして「未来」へつなぐ―東北への思いを関西への想いへ―"の様子はこちら

福島大学うつくしまふくしま未来支援センター 京都シンポジウム『ほんとの空が戻る日まで―東日本大震災及び原発事故からの福島の闘い―』京都シンポジウムチラシ

■日時

平成27年3月8日(日) 12:00〜17:20

■会場

立命館大学 朱雀キャンパスホール(京都市中京区西ノ京朱雀町1)

■プログラム

開会前 10:00〜11:15 DVD上映
OECD東北スクールの集大成 東北復幸祭〈環WA〉in PARIS
岩手・宮城・福島の中高生100人が製作した被災地とパリで行ったイベントのドキュメンタリー
受付 11:20〜12:00
12:00〜 うつくしまふくしま未来支援センター(FURE)の活動紹介
開会 12:10〜 挨拶
福島大学学長   中   井   勝   己
立命館大学学長  吉   田   美喜夫
大阪大学総長   平   野   俊   夫
福島県知事     内   堀   雅   雄
T部 12:25〜13:25 基調講演
「誰もが発信できる時代 福島の今を丁寧に世界に伝えるために」
堀 潤氏 ジャーナリスト(元NHKアナウンサー)
U部 13:35〜15:05 福島の現状報告
@ 福島大学の活動状況
A 福島県における放射能の現状
B 食の安全と農業の再生に向けた闘い
C こども支援を通して見えてきたこと
V部 15:20〜17:10 パネルディスカッション
「震災・原発事故からの福島の闘い」
閉会 17:15〜 挨拶

■参加募集人数

事前申込制 350名 ※参加費無料

■参加対象者

一般市民、大学関係者、学生、行政職員、福島県から避難している方 他

■お申込はコチラ

http://fure.net.fukushima-u.ac.jp/news/post-113.php (うつくしまふくしま未来支援センターホームページ)

■主催

国立大学法人福島大学、福島大学うつくしまふくしま未来支援センター

■共催

立命館大学、国立大学法人大阪大学

■後援(予定)

文部科学省、復興庁、福島県、京都府、京都市、双葉地方町村会、公益社団法人経済同友会 他

■お問い合わせ

うつくしまふくしま未来支援センター事務室 024-504-2865