福島大学若手職員に5つの質問!

教務課 齋藤健成

Q. 現在、どのような仕事をしていますか?

教務課の経済経営学類担当として働いています。教務課の仕事は学生の授業を円滑に行うための準備をすること、学生が卒業までの道のりをしっかりと描けるようにすることです。
普段は学生さんの履修相談や先生の授業のサポート等を行っています。

Q. 職場の雰囲気はどうですか?

とても風通しの良い職場だと思います。上司とも距離が離れすぎずにコミュニケーションをとることができます。年齢の近い先輩も多いので気軽に質問をすることができ、とても仕事をしやすい環境です。

Q. 仕事でこころがけていることはありますか?

報告・連絡・相談をこころがけています。まだ自分も完全にできているわけではありませんが、社会人として大事なことだと日々感じています。休日は仕事のことから離れ、なるべく外出するようにしています。

Q. 福島大学ではたらくことの魅力は?

福島県の復興に携われること、大学という学問の場で働けることに、とてもやりがいを感じています。また、これからの東北を作っていく人材を送り出す一助となれることに喜びを感じます。

Q. 後輩へのメッセージ

私は大学、社会人と合計5年間東京にいましたが、東京では得ることのできなかった貴重な経験を福島大学で得ることができています。今だからこそ、ここ福島で働く意味があると思います。試験は大変だと思いますがぜひ自分と向き合って答えを出してください。

資料を確認している齋藤さん