国立大学法人福島大学

WWW検索 サイト内検索
キャンパスマップ資料請求交通アクセス学内施設サイトマップお問合せリンク教職員採用情報

トップページへ受験生の皆さまへ在学生の皆さまへ卒業生の皆さまへ地域・企業の皆さまへ

大学紹介学類・大学院学生生活入試情報研究情報就職情報附属校園国際交流

福島大学トップ > 大学紹介 > 特色ある取り組み(GP)

◆特色ある取り組み(GP)

最終更新 2012.07.16

福島大学特色ある取り組み

「GP」とは、優れた取り組みをあらわす「Good Practice」の頭文字をとった通称です。GPプログラムは、文部科学省が始めた事業で、採択された大学は、歴史と伝統にとらわれることなく、国際社会・産業界・教育界の動きに敏感に反応し、常に最先端の研究・教育を行っています。

「特色ある大学教育支援プログラム」の通称を「特色GP」、「現代的教育ニーズ取組支援プログラム」の通称を「現代GP」と呼ぶなど、GPにもさまざまな種類があります。福島大学では、以下の特色ある取り組みを行っています。


質の高い大学教育推進プログラム(教育GP)への採択

平成20年度「質の高い大学教育推進プログラム(教育GP)」に以下の2件が採択されました。

産直屋台いなGO・町と農村をつなぐ地域企業(経済経営学類)


南会津地方等の農村部の地域振興への取組に学生を参画させ、「地域企業=起業」を実践地域と学生が共同で経営することを通じて、実践的な経済・経営・会計教育の実現を図り、地域社会に即応し、地域の産業や新たな経済システムの創造に寄与しうる人材を育成する。

科学的理解の深化を促す地域連携型理工教育(共生システム理工学類)


県内科学館等と連携し、学生が一般市民向けの科学教室や展示を企画・製作・実施することを通じて、子どもたちに「伝える」という主体的行動を取り入れることにより、受動的な知識吸収型の学習スタイルからの脱却を促し、学生自らの学習レベルを大きく向上させる。

GPに関するニュース

  • 福島大学オープンキャンパス2009において、各プログラムの取り組み状況を発表しました
  • わくわくJr.カレッジ「サイエンス屋台村」に理工教育GPの教室プログラムを出店しました
  • 理工教育GP「科学的理解の深化を促す地域連携型理工教育」中間発表会を開催しました
  • 平成20年度大学教育改革プログラム合同フォーラム・ポスターセッションに出展しました

過去に採択されたプログラム

高齢社会における弱者の権利と生活を護る担い手育成プログラム
教員養成のためのモジュール型コア教材開発

国立大学法人福島大学 -Fukushima University-
〒960-1296福島県福島市金谷川1番地
Copyright (C) Fukushima University. All Rights Reserved.