国立大学法人 福島大学 Fukushima University
交通アクセス 学内施設 サイトマップ 問い合わせ一覧 このサイトについて 教職員採用情報 教職員専用
トップページ  受験生の皆さまへ  卒業生の皆さまへ  企業の皆さまへ  地域の皆さまへ  在学生の皆さまへ


   福島大学TOP >> 経済経営学類トップ >> 経済経営学類 特色
 
経済経営学類
経済分析専攻
国際地域経済専攻
企業経営専攻
人間発達文化学類
行政政策学類
経済経営学類
共生システム理工学類
人文社会学群 夜間主コース(現代教養コース)
 
「経済経営学類特色」イメージ写真
経済経営学類 | ポリシー | 特色 | 資格・進路 | 教員一覧 | カリキュラム

特色1 実践をつちかう学類の4本の柱
高い資質を持った専門的職業人を生み出すため、経済経営学類では人材育成の目標として4つの柱を立てています。
 経済リテラシー
経済学士の学位を得る以上、最低限持っていなければならない基礎知識、例えば新聞の経済記事が無理なく理解できるだけの教養をしっかりと身に付けます。


 ソリューション能力
獲得した基礎的教養と専門的知識を駆使して、問題を発見し、分析し、自らそれを解決するために必要な応用力を養います。


 コミュニケーション能力
聞く、話す、書くという基本的な意思伝達の訓練を重視します。また外国語を実際に使いこなすための応用重視の語学教育に力を注ぎます。


 キャリア形成
幅広い職業観と働くことへの意欲を培い、自分の適性を見定めた上でなるべく早期に自分の進路を見いだせるよう、支援します。
特色2 3つの専攻で責任ある少人数教育を展開
系統的な学習をうながし、実社会で通用する力を持った人材を育成するため、3つの専攻ごとに責任を持った少人数教育を行います。
 
 演習
入学早々に所属する教養演習から始まって、最後の総仕上げの卒業論文演習にいたるまで、一貫した直接指導が保証されます。アドバイザー教員制度による履修指導も行っています。

 実習
 ー
半年単位で、具体的な成果を達成するのが実習です。地域調査実習、統計データ分析実習、海外調査実習、書誌実習など、さまざまな内容の授業が用意されています。

 アドバンスト・コース
早期に優秀な成績を修めた学生、一般の学類授業にあきたらない学生諸君は、大学院の授業を受講できるようにします。そして大学院に進学した場合、学類の卒業に必要な単位を超えた部分は、大学院の単位にカウントする制度を検討しています。
 
経済経営学類のホームページへ
 このページのTOPへ
Copyright (C) Fukushima University. All Rights Reserved.